Blue Monkey
  1. TOP
  2. 導入事例
  3. リニューアルオープンから半年経たずに、セッション数が5倍近く増加!/日本サニパック株式会社

リニューアルオープンから半年経たずに、セッション数が5倍近く増加!/日本サニパック株式会社

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mtame株式会社が提供する、簡単操作の国産CMS「Blue Monkey」を活用し、Webサイトをリニューアルしたお客様の事例をご紹介します。

今回は、ポリエチレン製ゴミ袋、食品保存袋、水切り袋、紙製ゴミ袋などの製造・販売を手がける日本サニパック株式会社様に取材をさせていただきました。

(取材日:2020年10月12日)

株式会社日本サニパック

https://www.sanipak.co.jp/

ポリ袋・ゴミ袋の商品情報サイト

https://www.sanipak.jp/

事業内容 ポリエチレン製ゴミ袋、食品保存袋、水切り袋、紙製ゴミ袋などの製造・販売
導入サービス CMS「Blue Monkey」 / Web制作 / データベース「PlusDB」 / オウンドメディア「Knowus」
サイトカテゴリ コーポレートサイト、ブランドサイト

お客様の紹介

日本サニパック株式会社様は、1970年に創業したポリエチレン製ゴミ袋、食品保存袋、水切り袋、紙製ゴミ袋などの製造・販売を手がける企業様です。
「きれいな地球と、きれいな心を。」というコーポレートスローガンのもと、「清潔で快適に暮らすためのソーシャルインフラになる。」をミッションに掲げ、清潔で快適に暮らすためのソーシャルインフラ企業を目指されています。

常にお客様の視点に立ったものづくりを行ってきた同社は、今年2020年に創業50周年を迎えます。約800もの製品ラインナップから、ニーズに合った製品を提供されています。

課題・施策・効果

課題

  • SSLに未対応だった
  • HTMLで作られており、FTPでアップする必要があった
  • 更新頻度が少なかった(半年~1年に1回程度)
  • モバイルフレンドリーではなかった
  • SEO対策されていなかった

施策

  • データベースを導入し製品検索のUXを向上(ブランドサイト)
  • 啓蒙コンテンツを新たに作り、今まで接点のなかった層にアプローチ(ブランドサイト)
  • サステナビリティに対する取り組みの周知を強化(コーポレートサイト、ブランドサイト)
  • SNS連携で新たなアプローチ施策を展開できるように設計(ブランドサイト)

効果

  • アクセスアップ(コーポレートサイト、ブランドサイト)
  • 各SNSのフォロワー数アップ
  • お問い合わせ・新規提案数アップ

リニューアルに至った経緯

企業理念一新を機に、SSL未対応のコーポレートサイトをリニューアルしてリブランディング

リニューアルする前のコーポレートサイトはHTMLで作られており、更新作業は外注で行っていたのだそう。

津川様:リニューアル前のコーポレートサイトはHTMLで作られており、更新の際はWeb制作会社さんにHTMLファイルの書き換えやFTPでアップロードしていただいておりました。
そのため、更新頻度が低く、半年から1年に1回程度しか更新していませんでした。
また、SSLにも未対応でしたし、モバイルフレンドリーではありませんでした。
企業理念やロゴを一新したことを機に、これからはマーケティングに注力していこうということで、2019年11月マーケティング準備本部(現:マーケティンググループ)が立ち上がりました。このタイミングで私が入社し、リブランディングのため、Webサイトもリニューアルすることになりました。

リニューアルするに当たって、SEO対策にもテコ入れしたいと考えましたし、キュレーションメディアを立ち上げて、今まで接点のなかった層にアプローチしたいという希望も持っていました。

津川様

そうした課題を感じていたなか、CMS「Blue Monkey」を展示会で知ったそうですね。

津川様:はい。Blue Monkeyにはコンテンツ記事を簡単にアップできるブログ機能(Knowus)が付いているので、活用できそうだと考えました。最終的に5社ほどのWeb制作会社さんを比較検討した結果、セキュリティ面でBlue MonkeyにCMSとしての優位性があり、決め手となりました。

また、基礎的なSEO対策がシステムに組み込まれている点や、AMP※機能が付いているなど、SEO関連機能が充実していたところもポイントでした。
全体的に、Webサイトに関する知見がない中で誰でも簡単に扱えて管理しやすいCMSを選びました。

※AMP(アンプ)…Accelerated Mobile Pagesの略。GoogleとTwitterが共同開発しているモバイル端末でウェブページを高速表示するためのフレームワーク。

コーポレートサイトのリニューアルだけでなく、ブランドサイトも立ち上げられています。

津川様:コーポレートサイトには、商品の詳細ページがありません。
ブランドサイト上にデータベース機能(PlusDB)で約800品目の商品詳細ページを設けました。
ブランドサイトには、ブログ機能を使ってキュレーションメディアを併設しました。現在、社内でポリ袋に関する専門知識を記事化して毎月2記事ずつ公開しています。

リブランディングを意識し、もともとコーポレートサイトに掲載していたCSR活動のコンテンツをまとめ直し、「サステナビリティ」としてリニューアルしました。

山崎様:ブランドサイトオープン後、SNSにも力を入れ始めました。もともと、YouTubeチャンネルは開設していたのですが、ソーシャルメディアポリシーを整えた上で、新たにTwitter、Instagram、Facebookのアカウントを取得し、運用を開始。キャンペーンの企画からデザイン制作から運用まで社内で内製化しています。
現在、4ヵ月間キャンペーンを実施し、Twitterはフォロワー数が1万7千近くまで増えています。

山崎様

サニパック様 キャンペーンページ

実際の効果

リニューアルオープンから半年経たずに、セッション数が5倍近くまで増加

リニューアルオープン後、成果は出ていますか?

津川様:それぞれKPIを定めていました。SNSでは特にTwitterのフォロワー数が想定目標を大きく上回るかたちとなっています。フォロワー数については社内の関心も高く、話題にのぼることも増えました。

Webサイトの方は、リニューアル前のセッション数と比較し、リニューアル後は先月で4倍超、今月は5倍近くまでセッション数が増加しており、こちらも当初のKPIを大きく上回る結果となっています。

感覚値ではありますが、お問い合わせ数も増えてきており、営業部門の新規顧客への提案数も増えています。

今後の展望

ファンになってもらえるような企業を目指して

最後に、今後の展望を教えてください。

山本様:マーケティンググループの目的が「認知度を上げる」ことであるため、さらなるセッションアップを目指し、お客様にサニパックのファンになってもらえるような企業になりたいと考えています。

おかげさまでオウンドメディアとアーンドメディアは順調に運営できているので、今後は、ペイドメディアも加えて3つのメディアで連携を取っていきたいです。SNS広告などを検討しています。

WebサイトのリニューアルとCMS「Blue Monkey」の導入を経て、アクセス数アップを実現した日本サニパック株式会社様。
Mtameは、今後も新コンテンツ追加や、導線の改善などをサポートしてまいります。

山本様
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ・

ご相談窓口

CMSに関するお問い合わせ・お見積り等、
お気軽にご連絡ください。

お電話からのお問い合わせ

03-5339-2678

【受付】平日10:00〜12:00/
13:00~17:30