Blue Monkey
TOP > コラム > 東京のホームページ制作会社ならCMSベンダーのMtame(エムタメ)

東京のホームページ制作会社ならCMSベンダーのMtame(エムタメ)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいホームページを作らなければいけないとき、ホームページをリニューアルしたいとき、たくさんあるホームページ制作会社のなかから、自社にあった会社を選ぶのはなかなか難しいことです。

この記事では、メディアサイト「エムタメ!」の運営会社であり、自社CMSを活用したホームページ制作を得意とするMtame株式会社の特長や費用、制作体制をご紹介します。

ホームページを通したマーケティングをはじめたい方にもぴったりなMtameの強みをご確認ください。

Mtame(エムタメ)とは?

Mtame株式会社

Mtame株式会社は、東京都新宿区にあるホームページ制作・マーケティングツール販売・Webコンサルティングを行う企業です。

日本の企業に、デジタルマーケティングのノウハウを普及させることをミッションとしており、自社開発のCMSツールを活用して、だれでも更新しやすいホームページを制作。

 

制作したホームページを生かしながら、集客やマーケティングに役立てていく方法を、MAツールの提案やWebマーケティングに関わる総合的なコンサルティングを通して一貫してサポートしています。

 

 

提供ツール

サービス

 

提供サービス

サービス

 

正規パートナー

サービス

 

なお、Mtame株式会社は、2018年にWebアプリケーションの開発・販売を行う「スターティアラボ株式会社」より、Webマーケティング事業を独立させ、分社・子会社化された組織です。

参考リンク:Mtame株式会社のホームページ

Mtameの強み

Mtame株式会社のホームページ制作は、自社開発のCMS「Blue Monkey」を使って制作することが特長です。

 

CMSは、Contents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略で、HTMLなどの知識がなくても、だれでも簡単にWebサイトを更新することができるソフトのことです。

Mtame社のホームページ制作は、セキュリティ性の高い国産CMSと、丁寧なサポート体制で多くの企業に支持されています。

●自社開発のCMS「Blue Monkey」

Mtame社が制作するホームページは、すべてこのCMSを使って構築します。

CMS「Blue Monkey」は、日本の法人サイトでの利用を前提に開発しているため、使いなれたオフィス系ソフトのように、だれでも簡単にホームページの更新やコンテンツの追加をすることができます。

また、開発・運用・保守まで、すべてMtame社が管理しており、法人サイトが求めるセキュリティ水準を常に提供しています。

CMSにはWordPressなどのオープンソースツールを含め、さまざまな種類がありますが、「Blue Monkey」は日本の企業サイトに選ばれているCMSとしてトップクラスの実績を誇っています。

上場企業で使われているCMSを調べたある調査では、国産CMSの第3位に入りました。

CMSランキング

さらに、他のマーケティングツールとの連携が可能なことも特長です。

Mtame社が提供するマーケティングオートメーションツール「BowNow」と正規連携しており、ホームページに訪れたユーザー情報を管理したり、メールマガジンを配信して、リード情報のナーチャリング(育成)を行ったりすることもできます。

参考リンク:CMS「Blue Monkey」のホームページ

●丁寧なサポート体制

CMS「Blue Monkey」の使い方は、導入時に「操作講習」を行うほか、詳細なマニュアルサイトも用意しています。

また、専用のコールセンターもあり、電話やメールなどで、気になるところをいつでも聞くことが可能です。

月に1回は「Blue Monkey」を利用するユーザーを対象に「ユーザー会」も開催しています。

Web担当者様同士のネットワークづくりや、ホームページ運用ノウハウなどの情報収集に役立てることができます。

さらに、お客様が困ったときだけでなく、Mtameの専任スタッフがホームページの運用をサポートするサービスも行っています。

>専任スタッフによるサポート体制へ

●マーケティング領域全般の相談が可能

Mtame株式会社は「マーケティングの力で世の中をもっと楽しく!」をミッションに、企業のデジタルマーケティング全般の支援を行っています。

ホームページ制作はもちろん、記事作成、SEO対策、SNS運用支援、広告運用代行、MA(マーケティングオートメーション)導入相談・コンサルティング、メールマーケティングなど、デジタルマーケティングに関わるさまざまな課題が相談可能です。

圧倒的なマーケティング知識を強みに、成功を支援するホームページを制作します。

制作費用のめやす

Mtameのホームページ制作費用は、次の3つの項目から成り立っています。

(1)CMS「Blue Monkey」のライセンス費用(月額3万円~)

(2)ホームページ制作費

(3)オプション費用(必要に応じて)

(1)のCMS「Blue Monkey」のライセンス費用は、PV数やサーバーの種類に応じて月額3万円~12万円まで4つのプランがあります。

(2)のホームページ制作費は、テンプレートを活用したおトクなプランと、オリジナルデザインで自由なデザインを行うプランがあります。

詳細はお見積りになりますが、ホームページ制作費のもっとも多い価格帯は100~220万円(※ライセンス費含まず)です。

参考リンク:CMS「Blue Monkey」料金プラン

Mtameの制作体制

ホームページ制作チーム

Mtame社では、ホームページ制作をチーム体制で進めています。

チームを構成するのは(1)プランのご相談やお見積りを担当する営業担当者、(2)ホームページのデザインや内容に関する要望をうかがい、制作を取り仕切るWebディレクター、(3)公開後の運用をサポートする専任アドバイザーの3名が基本です。

各担当者の役割を明確にすることで、スピーディな制作体制を実現。

また、お客様が「だれに、何を」聞けばよいのかわかりやすく分担することで、制作時のコミュニケーションを円滑にするようにしています。

実際のホームページ制作の流れは、下記のような工程で進めています。

Mtame社のホームページ制作の流れ

(1)要件・サイマップの確定

・公開日時(納品日)の決定

・サイトマップの提案・確定

・構成案(初稿)提出

・取材・ヒアリング

(2)構成案・デザイン案の確定・確認

・全ページ構成案の提出・確定

・デザイン案の提出・確定

・画像・テキスト等の素材反映

・コーディング前の最終チェック

(3)Webページ全体のご確認・公開・納品

・全ページWeb化(コーディング)の最終レビュー

・操作方法(講習会)のご案内

専任スタッフによるサポート体制

Mtameは、お客様からのお問い合わせを受けるだけでなく、専任の担当者による定期サポートも行います。

ホームページは「作ってからが本番」とよくいわれるように、公開してから目的にそって更新や改善を繰り返していくことが大切です。

Mtameでは、専任の担当者が、公開後の数値の分析や目的達成に向けたアクションの提案、他社の成功事例の共有など、お客様の状況に合わせて電話や訪問で定期的にサポートします。

運用に関するお悩みや集客、MAなど、マーケティング全般に関するご相談も受け付けています。

セミナー情報

Mtameでは、ホームページ制作とCMS「Blue Monkey」をもっとよく知っていただくため、「集客」「SEO対策」「広告」「LP」「採用」など、幅広いテーマのセミナーを毎月無料で開催しています。

新しくホームページ制作を検討している方や、リニューアルを機に制作会社を探している方など、どなたでも参加できるセミナーです。ぜひ、ご参加ください。

参考リンク:CMS「Blue Monkey」一般向けセミナー情報

まとめ

Mtame株式会社のホームページ制作は、①簡単操作でセキュリティ性の高いCMS(Blue Monkey)、②丁寧な制作・サポート体制、③MAや広告などWebマーケ全般に対応できるマーケティング知識の高さが特長です。

安心して使えるCMSでのホームページ制作を考えている方、ホームページとWebマーケティングを連動させて成果を出したい方は、ぜひMtameまでご相談ください!

Mtame(エムタメ)
にホームページ制作の相談をしてみる

お電話(平日10:00~12:00、13:00~17:30)

03-5339-2678

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ・

ご相談窓口

CMSに関するお問い合わせ・お見積り等、
お気軽にご連絡ください。

お電話からのお問い合わせ

03-5339-2678

【受付】平日10:00〜12:00/
13:00~17:30