Blue Monkey
TOP > Mtame Academy > 代表的なSEO対策のご紹介

代表的なSEO対策のご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表的なSEO対策のご紹介

こんにちは!Mtameの洪です。

前回の記事ではSEOの概要について解説しました。

前回の記事:SEOとは

今回の記事ではより具体的に施策についてお話ししていきます。

前提として、SEOは大きくわけて「コンテンツ施策」「内部対策」「外部対策」の3つがあります。
それぞれの役割としては、「コンテンツ施策」でユーザーに有益なコンテンツを充実させ、「内部施策」でwebサイトの中身をGoogleに理解してもらい、「外部施策」で第三者からの評価を得る、といったイメージです。

この3つの施策について、詳しくお話ししていきます。

この記事で学べること
・「コンテンツ施策」「内部対策」「外部対策」の概要がわかる
・3つの中での優先順位がわかる

コンテンツ施策について

前回の記事でも申し上げた通り、基本的にSEOは、自社のターゲットとなるユーザーにとって有益なコンテンツを作ることが一番の対策になります。

そのため、いきなり小手先のテクニックに走るのではなく、しっかりとユーザーの「検索意図」を理解し、良質なコンテンツを生み出すことをまずは意識してください。

例えば、「○○測定器」と検索する人は、○○測定器の価格を知りたがってるのかもしれないですし、○○測定器を活用して成功している事例を知りたいのかもしれません。その言葉で調べた人がどんな情報を欲しがっているのか、どういったシチュエーションで調べているのかを考え、コンテンツや導線を作ってください。

Googleの検索エンジンは日に日に進歩しており、ユーザーの検索意図に合うような検索結果を出すよう改善がなされています。そのため少しのニュアンスの違いもキャッチアップして、適切なユーザーに適切なコンテンツを届けられるように準備をしていきましょう。

また、コンテンツというと「記事コンテンツ」を思い浮かべがちですが、それ以外にも画像、動画、電子ブックなど様々な種類のコンテンツがあるので、適切な種類のコンテンツを作る必要があります。

ユーザーの検索意図合わせて、記事だけではなく適切なコンテンツを用意しましょう。

内部対策について

続いて内部対策についてです。
検索エンジンにwebページを正しく理解してもらう施策全般を「内部対策」と呼びます。

代表的な内部対策に「titleタグの最適化」「descriptionタグの最適化」「h1タグの最適化」などがあります。内部対策は様々なものがあるのですが、一度にすべてを行うのは現実的ではないので、自社にとって一番効果があるものから順に行うのがよいでしょう!

ちなみに「titleタグの最適化」「descriptionタグの最適化」「hタグの最適化」のそれぞれ施策に関しては、以下の記事で詳細に紹介しているので、詳しくは下記の記事を参照ください。

・titleの重要性
・descriptionの重要性
・hタグの重要性

外部対策について

質の良い外部リンク(被リンク)を増やすための施策全般を「外部対策」と呼びます。

外部リンクとは、SNSや他のwebサイト内にある、自社サイトへのリンクのことです。外部リンクが多いサイトは「第三者が紹介したいwebページ」だとGoogleに評価され、上位に表示されやすくなります。

しかし、プログラムによって自動的につけられるような外部リンクや、低品質のページから貼られたリンクは、質の悪いリンクとしてGoogleからペナルティを受け、検索順位の低下につながります。そのため、以前流行った外部リンクを購入する手段はおすすめができません。

では、外部リンクはどのようにして増やすべきなのでしょうか?

最も有効な手段は、見た人が自然と他の人に共有したくなるようなコンテンツを作ることです。様々なサイトで紹介されるような良質なコンテンツを作ることが、外部リンクの獲得にも繋がります。

その他にも、自社のサテライトサイト内にリンクをつけるなどの手段がありますが、数が少なければそれほどの効果も見込めないでしょう。最終的には自然に外部リンクが増えるよなコンテンツ作りに落ち着きます。

SEO対策の優先順位

今回、「コンテンツ施策」「内部対策」「外部対策」についてそれぞれ詳しく解説いたしました。
概要はわかったものの、どこから始めるべきか悩む方もいらっしゃるかとは思います。これはサイトによっても異なるのですが、もし仮に1からSEOに取り組む場合であれば、「コンテンツ施策」から始めるのがおすすめです。

繰り返しお伝えしてきた通り、ユーザーにとって有益なコンテンツがなければ、内部施策や外部施策をいくらしたところでGoogleに評価されません。また、上位に表示されアクセスが増えたとしても、コンテンツの内容が低品質ではユーザーはすぐに離脱してしまいます。

だからまずは、コンテンツ施策から取り組むようにしてください。

ちなみにコンテンツ作りについては以下の記事で詳しく解説しています。

リンク:コンテンツ作りについて


とはいえ、ベストは内部施策と並行して進めることなので、具体的なアドバイスが必要であれば、ぜひMtameの担当者宛てにご連絡ください。


次回以降は、内部対策について項目ごとに解説していきます。


次の記事:Titleタグの重要性

前の記事:SEOとは


困ったらすぐに相談を


弊社のCMSBlueMonkeyをご利用のお客様には、運用面の質問や操作方法に関する質問もお受けしています。

例えば

・目標の決め方がわからない

・BlueMonkeyの操作がわからない

・自社にあったSEOのやりかたがわからない

など、もし自社の運用でお困りのことがありましたら、お気軽にサポートまでご連絡ください!

CMS BlueMonkeyをご利用でない方は、もしこういった支援や更新がしやすいCMS、成果が出るWeb運用、Web制作に興味があれば担当までお問い合わせください!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ・

ご相談窓口

CMSに関するお問い合わせ・お見積り等、
お気軽にご連絡ください。

お電話からのお問い合わせ

03-5339-2678

【受付】平日10:00〜12:00/
13:00~17:30