Blue Monkey
  1. TOP
  2. コラム
  3. 【2021年版】CMSツールっていっぱいあるけど、どれが一番良いの?無料・有料、目的別のおすすめCMSを一覧でご紹介!

【2021年版】CMSツールっていっぱいあるけど、どれが一番良いの?無料・有料、目的別のおすすめCMSを一覧でご紹介!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【2021年版】CMSツールっていっぱいあるけど、どれが一番良いの?無料・有料、目的別のおすすめCMSを一覧でご紹介!

ホームページ制作のお悩みで「CMSツールにはいっぱい種類があるけど、どれが一番良いの?」 という声をよく聞きます。

ホームページ制作ツールにしてもWeb制作を依頼する会社にしても、情報量が多すぎて何が良いのか判断が難しいというかたもいるのではないでしょうか。 本コラムではホームページを新たに構築しようとしているかた向けに、CMSツールの導入メリットから種類、よく使われているCMSツールのシェアまでをまとめました。


CMSについてはこちらの資料もおすすめです▼
「CMSとは何か?」がわかる『CMS入門編』資料 

1.そもそも、CMSの導入メリットは??

CMSとは「コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、Webサイトのコンテンツを管理・更新できるシステムを指します。




CMSを使えばHTMLやタグなどの複雑な専門知識を要さずにホームページを作成・更新することができるので、多くの個人・法人に活用されています。特に近年はWebマーケティング業務を自社で行う企業が増えていることもあり、施策をよりスピーディーに実行するにはWebの専門知識を持たない人でもホームページを更新・管理できるCMSへの注目が高まっています。

<CMS導入のメリット>

CMSツールのおもな導入メリットは、更新が簡単に行える点、管理・運用が容易である点、顧客からの問合せや資料請求などの管理が行える点です。

一般的にホームページといえば、HTMLタグで更新しなくてはならなかったり、サーバを扱う以上セキュリティ面を気にしなければならなかったり、お問い合せ件数などの効果測定を行う必要性があったりと、初めて運用する人には少々骨が折れる業務が多いものです。しかし、CMSはそのようなWeb担当者の負荷を大きく軽減してくれるツールです。



CMSを導入すれば、専門のホームページ制作業者にサイトの更新を依頼してその都度費用を支払うのではなく、自社でWebサイトの更新が可能となるのでコストの削減やスピーディーな運用を実現できます。

2.手軽にホームページを作ってみたい人向けのCMSツール

導入の容易さから重宝されているCMSツールは、数多くの企業が参入した結果、似たようなサービスが乱立し、ユーザーがどれを選べばよいかわからない状況があります。

そこで、目的別におすすめのCMSツールをご紹介しいます。選定のポイントは、無料か有料か、Web担当者のスキルや自社の施策によっても異なります。CMSツールの選び方でお悩みのかたはぜひ参考になさってください。

無料で使えるCMSツール

<Jimdo(ジンドゥー)>

Jimdo(ジンドゥー)は無料かつ日本語で使えるCMSツールで、メールアドレスを利用した会員登録で即時にホームページを構築できるようになります。

無料版ではフッター部分にKDDIの広告枠が入ってしまいますが、おしゃれなデザインのものが多く、管理画面も非常に視覚的にとらえやすいつくりになっています。個人や小規模の法人で気軽に始めてみたいという方におすすめのCMSツールです。

独自ドメインの使用も可能です。

有料のCMSツール

<Goope(グーペ)>

Goope(グーペ)は月額1,100円から使えるCMSツールです。豊富なデザインテンプレートのなかでも商業利用に適したデザインが比較的多く、「イベント予約機能」や「カレンダー」など個人事業主に特化したオプション構成になっています。店舗用のホームページを作る場合は、Goopeがおすすめです。

独自ドメインの使用も可能です。

3.スキルに自信のある人におすすめのCMSツール

CMSツールで最も有名なのは、やはりWordPress(ワードプレス)ではないでしょうか。自分でサーバとドメインを用意し、インストール作業を行うなど初期の手間はありますが、作業できる範囲が大きく広がる点がメリットです。

<WordPress(ワードプレス)>

WordPress(ワードプレス)は本格的なSEOからデータベース構築、各種SNS連動など、Web上でできないことは無いと言えるほど幅広いカスタマイズが可能なCMSツールです。無料で使えるオープンソースのソフトウェアであり、日本語版があります。

しかし、作業者には一定のスキルや時間が求められます。すべての人が手軽に扱えるツールというわけではなく、開発者を含む中級・上級者向けのCMSツールだと言えます。



また、全世界的に多くの人に使われているがゆえに、セキュリティ面をしっかりと管理しなければ悪質な業者やハッカーに狙われやすい点がデメリットであるとも言われます。


【参考リンク】
CMSに必要なセキュリティ対策とは?企業リスクを回避するための対策・検知・復旧体制の必要性



独自ドメインの使用も可能です。

4.ホームページで成果を出していこうと考えている人には?

ホームページ制作で本格的なSEO(集客)やお問い合わせ増などの成果を重視する場合は、上でご紹介したWordPressなどカスタマイズ性の高いツールが必要になります。というのも、ホームページで成果を出すには、デザインだけでなくコンテンツの企画と作成、競合調査、SEO設計やユーザー導線の検討、そして日々のPDCAなど、手を入れなければならない箇所が多数あるからです。これらの戦略を手軽な操作によって叶えられるのが次にご紹介するCMSツールです。

<BlueMonkey(ブルーモンキー)>

BlueMonkey(ブルーモンキー)は法人向けのCMSで、マーケティングオートメーションツールおよびオウンドメディア構築ツールとの連携が可能です。高機能を備えながらもシンプルな管理画面で直感的に操作でき、Webサイト運営に不慣れな人でも扱いやすい仕様になっています。

独自ドメインの使用も可能です。

ここでご紹介した以外でも、目的に応じて選べるCMSツールは数多く存在します。しかし最終的に「成果」を出そうとする場合は、実は、ツールの機能うんぬんよりも企画の内容や運用の体制が重要になります。CMSは取りかかりやすい点がメリットではありますが、それを活かすには日々の運用を怠らないことが鉄則です。

※専門知識がなくても簡単に更新ができる国産CMS、BlueMonkeyの概要資料はこちら▼

>CMS BlueMonkey概要資料


5.CMSのシェア

「多くの人に使われているCMSであれば安心して選べる」というかたのために、インターネット関連の調査会社であるW3Techs社の調査結果から、2021年1月現在のCMSの日本国内シェアと世界シェアをご紹介します。

国内のCMSシェア

次の図の通り、トップ3は「1位:WordPress(82.9%)」「2位:Adobe Dreamweaver(2.4%)」「3位:EC-CUBE(2.2%)」でした。

画像引用:W3Techs

8割以上と圧倒的なシェアでWordPressが1位を獲得しています。

2位のAdobe Dreamweaverは、もともと米マクロメディア社が開発したCMSです。同社が米アドビシステムズ社に買収されたため、現在ではアドビシステムズが販売しています。

画像引用:Adobe Dreamweaver

2000年には上位版であるUltraDeveloperが発売され、Adobe Dreamweaverはもちろん、Oracleなどのデータベースと連携できるようになりました。

アドビシステムズには、もともと自社製品としてAdobe GoLiveがありましたが、Dreamweaverへの移行を推奨しています

Web制作のプロが使用する本格派でデザインの自由度も高いぶん、機能も高度で初心者が使いこなすのは難しいCMSです。

3位のEC-CUBEは、インターネット広告やECサイト関連のパッケージソフト開発を手がける株式会社イルグルム(旧:株式会社ロックオン)が開発したオープンソースのフリーのCMSで、ECサイト構築に特化しています。

画像引用:EC-CUBE

基本機能は多くないものの、関連サービスが有料・無料ともに充実していて拡張性が高い点が特長です。

海外のCMSシェア

次の図のグラフの下段が示す通り、トップ3は「1位:WordPress(64.1%)」「2位:Joomla(5.2%)」「3位:Drupal(3.5%)」でした。

画像引用:W3Techs

1位は、国内シェアと同様、WordPressが圧倒的であることがわかります。

2位のJoomlaは、オープンソース系フリーウェアのCMSです。

画像引用:Joomla

Joomlaは日本ではなじみの薄いCMSかもしれませんが、海外では3,000以上の政府関連サイトで使用されているという実績があります。

JoomlaはECサイトやSNSの構築に向いています。また、3位のDrupalと比べると、Webサイトの構築に技術的な知識が必要とされないCMSだと言えます。

Joomlaのもうひとつの特長は多言語に対応していることです。日本語のヘルプポータルサイトも開設されています。

3位のDrupalも、オープンソース系のフリーウェアCMSです。

画像引用:Drupal

Drupalは大規模で複雑なWebサイトの構築に向いていますが、そのぶん、専門的な知識が必要となる点がデメリットだと言えます。

DrupalはJoomlaと同様に多言語対応していて、高度なカスタマイズ機能などもあり、拡張性の高いCMSです。

6.まとめ

CMSは専門知識を持たない人でも手軽に、簡易的にホームページ制作に取り組むことができるツールです。ただし、その先の成果やSEOの向上においては、初期段階のコンテンツ企画や日々の運用が必要不可欠となります。

ホームページが作りっぱなしにならないよう、社内の運用体制を整備し、専任のWeb担当者を立てることが重要です。

本コラムでご紹介した通り、ツールによって機能性や特徴は異なります。しかし、どのCMSツールにおいてもホームページで成果を出すには時間をかけて育てていく必要があることには変わりありません。自社のニーズにあったCMSを活用して、コストをおさえつつ最大限の成果を出すことを目指していきましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ・

ご相談窓口

CMSに関するお問い合わせ・お見積り等、
お気軽にご連絡ください。

お電話からのお問い合わせ

03-5339-2678

【受付】平日10:00〜12:00/
13:00~17:30