Blue Monkey
TOP > Mtame Academy > hタグの重要性

hタグの重要性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hタグの重要性

こんにちは!Mtameの洪です。

前回までに「titleタグの最適化」「descriptionタグの最適化」についてお話ししました。
続いては、hタグの最適化について解説していきます。

この記事で学べること
・hタグとはなにかがわかる
・なぜhタグが重要なのかがわかる
・hタグを決める基準がわかる

hタグとは

hタグのhはheadingの略で、webページ内の見出しを指しています。この「見出し」というのは、そのWebページを閲覧しているユーザーにとっての見出しだけではなく、検索エンジンにとっての見出しでもあるので注意が必要です。

通常文章をかくとき、見出しは文字の大きくしたり、色を変化させることで表現しますが、検索エンジンはロボットなので、そういった見た目からはどれが見出しなのかを判断できません。

そのため、hタグとしてh1~h6の6つの階層を用意し、その6階層で検索エンジンがWeb上の文章の階層構造を理解するできるようにしています。

CMS BlueMonkeyでは、各Webページを編集する際に、hタグを設定することができます。

なぜhタグが重要なのか

hタグはサイトの構造をGoogleに伝える役割も果たすため、検索順位にも影響します。

h1タグから順に大見出し、中見出し、小見出しとつけていくことで、サイトの構造を正しく伝えることが可能です。

そのため、多くの人に読まれるコンテンツを作りたいのであれば、hタグの設定はマストな項目となります。

hタグを決める基準

続いて、hタグの決め方について解説します。

hタグは、以下のような点を留意して設定することをおすすめします。

・上の階層から順番通りに使う
・h1タグは狙うキーワードをいれる
・h1タグは1ページにつき一つまで
・h2タグはよく検索される関連のキーワード
・hタグに画像を使用する場合はalt属性を記述する


それでは、一つずつ詳細に見ていきましょう!

・上の階層から順番通りに使う

hタグは、上の階層から順にh1~h6までの6種類があります。
h1タグを記述したうしろにh2タグを記述せず、そのままh3タグを記述するようなことをしてはいけません。

あくまで検索エンジンがwebページの内容を理解しやすくするためのものなので、文字のサイズや色はhタグで調整するのではなく、あとから編集するようにしましょう。



・狙うキーワードをいれる

h1タグはそのwebページ自身の見出しであり、titleタグの次に重要なwebページの中身として検索エンジンに認識されます。
そのため、h1タグに重要なキーワードを含むことで、そのキーワードがwebページの中で重要なものだということが検索エンジンに伝わります。

しかし、欲張りすぎて不自然な見出しになってしまうと逆効果なので、適切に含めることが重要です。

あくまで狙っているキーワードを含めつつ、ユーザーファーストの精神でわかりやすい見出しにしましょう!

・h1タグは1ページにつき一つまで

h1をたくさん設定してしまうと、相対的にすべてのh1タグの影響が小さくなってしまいます。

そのため、設定するh1タグは1つまでにするようにしてください。

・h2タグはよく検索されている関連のキーワードを含む

h2はSEOに効果があるのみでなく、検索結果に表示されることもあるので、適切なものを設定すれば、クリック率の向上にもつながります。

ただし、すべてのwebページのh2タグが検索結果に表示されるわけではなく、h2タグが検索結果に表示されるのは、よく検索される関連のキーワードを含むときだけだとされています。

また、h2タグと文章の内容に乖離があると、SEOとしてマイナスの影響を与えてしまうので、見出しはあくまでもその後の本文の内容と一致するようにしましょう。

・hタグに画像を使用する場合はalt属性を記述する

hタグをテキストではなく画像に付与することも可能です。その際に使うテキスト情報をalt属性と呼びます。

もしhタグに画像を指定したいときは、alt属性をかならず記述するようにしましょう。

CMS BlueMonkeyでは、画像を挿入する際にalt属性指定できるので、以下の記事を参考に設定しましょう!

参考:ファイル一覧から画像を挿入する



BlueMonkeyでのhタグの設定方法

CMS BlueMonkeyでは、各webページを編集する際にhタグを設定することができます。

具体的な設定方法については、以下からご覧いただけます。
参考:見出しの設定



以上、SEOの基礎について学んできました。次回の記事では、BlueMonkeyにおけるtitleタグとdescriptionタグの設定についてお話しいたします。


次の記事:【SEO編】BlueMonkeyで実践するには

前の記事:meta descriptionの重要性 




困ったらすぐに相談を


弊社のCMSBlueMonkeyをご利用のお客様には、運用面の質問や操作方法に関する質問もお受けしています。

例えば

・目標の決め方がわからない

・BlueMonkeyの操作がわからない

・自社にあったSEOのやりかたがわからない

など、もし自社の運用でお困りのことがありましたら、お気軽にサポートまでご連絡ください!

CMS BlueMonkeyをご利用でない方は、もしこういった支援や更新がしやすいCMS、成果が出るWeb運用、Web制作に興味があれば担当までお問い合わせください!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ・

ご相談窓口

CMSに関するお問い合わせ・お見積り等、
お気軽にご連絡ください。

お電話からのお問い合わせ

03-5339-2678

【受付】平日10:00〜12:00/
13:00~17:30