ホームページ制作・Web制作のスターティアラボ【東京・新宿】

株式会社マル・ビ 様:「レンチキュラー印刷」で検索結果1位!お問い合わせ数が15倍!受注数が10倍に!

HOME > お役立ちコラム > 株式会社マル・ビ 様:「レンチキュラー印刷」で検索結果1位!お問い合わせ数が15倍!受注数が10倍に!
  • LINEで送る

当記事では実際にCMSを導入しWebサイト制作を行わせて頂いた企業様の成果事例を紹介しております。

今回は印刷業を営む株式会社マル・ビ様にお話しを伺いました。

 

  • クライアント
  • 株式会社マル・ビ 様
  • 業種
  • 印刷業
  • 導入サービス
  • CMS導入/Web制作
  • サイトカテゴリ
  • コーポレートサイト


<目次>
1.お客様の業種紹介
2.Webサイトの課題
3.弊社を選んだ理由
4.弊社からの提案
5.成果・効果
6.お客様の声


1.お客様の業種紹介

・高品質なレンチキュラー印刷を得意とする印刷会社

白倉様:当社は、昭和48年(1973年)に創業して以来43年の歴史を持つ神楽坂の印刷会社です。

自社内に工場を設備しており、企画から画像加工処理、印刷、パッケージングまでの工程を一貫して社内で完結させることができるため、納期短縮・中間マージンの削減・綿密な意思疎通を可能にしています。 もっとも得意とする印刷分野は「レンチキュラー印刷」。最近では、海外製の安いレンチキュラー印刷も増えていますが、品質はあまり良くありません。

高品質なレンチキュラー印刷にこだわりを持ち、お客様からも高い評価を得ています。 レンチキュラー印刷のほかにも、 UV印刷機の特質を発揮する薄紙のチラシ、ページ物、多面付けのラベルやチケット類の印刷、高級美術書、カタログ、ポスタ-類、さらに厚紙の表紙やパッケージ印刷など、幅広いニーズに対応。常に新しいジャンル、新しい表現に挑戦し続け、お客様のニーズに応える印刷物を提案することを心がけています。


2.Webサイトの課題

・地方のお客様への営業マン代わりに使えるWebサイトにしたい

企画開発部 河野様、代表 白倉様
企画開発部 河野様、代表 白倉様
課題:地方のお客様への営業マン代わりに使えるWebサイトにしたい
  • 更新作業が大変
  • 「レンチキュラー印刷」での検索結果が10位以内に入っていない
  • 地方のお客様からWebサイト経由で受注したい
  • 既存のお客様への企業イメージアップを図りたい

 

・当社でのWebサイトリニューアルを選んだ理由を教えてください。

河野様:
リニューアル前のWebサイトは、現会長がホームページビルダーで作ったものでした。

当時は、SEO対策なども特に行っておらず、得意な「レンチキュラー印刷」での検索結果も2ページ目以降に表示されていたり、お問い合わせの件数も月に1件程度と少ないものでした。

ただ、そもそもお問い合わせなどの効果を期待しているほどのWebサイトでもありませんでした。 更新作業も現会長が行っていましたが、文字化けしたり、レイアウトに不具合が起きたりと苦戦していたようです。

白倉様:一方で、地方からの注文が増えてきて、地方のお客様もフォローしたいと考えるようになりました。
しかし、営業マンを地方へ出張させるとなれば費用がかかります。Webサイトを充実させることで、営業マン代わりになってもらえたらいいなと考えるようになりました。Webサイトからの受注を意識し始めたんです。 また、リニューアルを機に東京のお客様への企業イメージアップも図りたいと考えました。

レンチキュラー印刷の技術については自信を持っていましたので、これをいかに宣伝して広く知ってもらうか…そこに投資したいと考えたんです。


3.スターティアラボを選んだ理由

企画開発部 河野様、代表 白倉様
企画開発部 河野様、代表 白倉様
選んだ理由:CMS機能と豊富な制作実績が決め手に。
効果が出なかったら解約することも視野に入れて契約
  • CMSで自社で更新できる
  • 制作実績が豊富にあった
  • 効果を出すWebサイトを作ってもらえるという期待

 

・リニューアル前のWebサイトが抱えていた問題点・課題はどんなことですか?

河野様:スターティアラボを知ったのは、展示会でARの情報収集をするために「COCOAR」の営業担当者と名刺交換をしたことがきっかけでした。ただ、当時はスマホの普及も今ほどではありませんでしたし、ユーザーがかざす手間がハードルになると感じたため、導入は見送りました。

その後、Webサイトの制作もやっているとのことで連絡をもらい、上記のようにWebサイトに力を入れていきたいと考えていたタイミングだったため、話を聞きました。

 

白倉様:実は、マル・ビの関連会社でもWeb制作事業を立ち上げたばかりの時期で、社内でリニューアルを行える体制も整いつつあったんです。しかし、まだ実績がありませんでしたし、いいものをつくるためには費用を妥協してはいけないなと考えました。

ほかに安い制作会社もたくさんありましたが、制作実績が乏しく、任せるのは不安があったため、相見積もりなどは特に取ることなく、スターティアラボを選びました。 もちろん、費用は決して安くはなかったので、半分「賭け」でしたね。これで効果が出なければ解約することも視野に入れていたほどです。



4.弊社からの提案

提案:訪問サポートにて、SEO観点からの更新アドバイスを提供
  • 「レンチキュラー印刷」のページ切り分け
  • 「サンプル集」のページ切り分け
  • 「トピックス」の更新の促進と内容アドバイス
  • 「お問い合わせ」ページへの導線追加

マル・ビさま「サンプル集」ページ

マル・ビさま「サンプル集」ページ

・リニューアル後の成果・効果を具体的に教えてください。

当社サポート担当:

マル・ビさまでは、リニューアル公開後すぐに「レンチキュラー印刷」での検索順位が上がるなどの効果が出ていましたが、さらにSEO効果とお問い合わせ数を上げるため、「メールフォームでの新規問い合わせ数:40件/月、売上額:20万/月を2017年7月までに達成する」という目標を掲げ、主に上記4つの施策を提案してきました。

「レンチキュラー印刷」「サンプル集」は、公開時はそれぞれ1ページだったのですが、情報量が多くてページが長かったため、各カテゴリでページ分けを行うことをアドバイスさせていただきました。ツリー型の階層に整えることで、上位の階層になるほど下層ページからの内部リンクが集まりやすくなるため、SEOの観点から見たときの効果が期待できます。また、ユーザーが欲しい情報を探しやすくなるのでユーザービリティも改善されます。

 

「トピックス」では、更新頻度が少なかったことから、どんな内容を取り上げれば良いかといったアドバイスとともに、更新頻度を上げることの大切さをご説明しました。展示会への出展やメディアに取り上げられる機会が多いなど、ネタはあったので、それらをしっかり掲載していきましょうとお話しました。

また、トップページの下部など、「お問い合わせ」ページへのリンクボタンを設置した方がコンバージョンが上がると思われる箇所がいくつかあったため、お客様へお伝えして了承を得たうえで、私の方で導線を追加しました。実際に、この作業を行った後、お問い合わせ数が増加しています。

 

 

5.成果・効果

成果・効果:「レンチキュラー印刷」で検索結果1位!お問い合わせ数が15倍!受注数が10倍に!
  • 「レンチキュラー印刷」で検索結果1~3位を独占
  • お問い合わせ数が15倍にアップ
  • 受注数が10倍にアップ
  • PV数が約2.8倍にアップ

マル・ビさま「レンチキュラー印刷」ページ

マル・ビさま「レンチキュラー印刷」ページ

・得意な印刷分野である「レンチキュラー印刷」で検索結果が1位になったそうですね。

河野様リニューアル前は、「レンチキュラ―印刷」で2~3ページ目にしか出てこなかったのに、リニューアル後、すぐにどんどん順位が上がっていきました。順位が上がっていくのを見るのが楽しみだったほどです。
最終的に1位まで上がり、しばらくして2、3位もマル・ビが独占するようになりました。2段階で効果が実感できました。

白倉様リニューアル直後だけでなく、現在も1位をキープしていることは、他社もSEO対策を行っているだろうことを考えると、すごいこと。サポート担当者によれば、当社のWebサイトは情報量が多いこと、導線作りがしっかりできていて見やすくわかりやすいことなどがGoogleに評価されているのだろうということでした。現在の地位を守るために引き続き施策を講じていきたいと思っています。 
余談ですが、他社からSEOの営業電話がかかってくることがあります。でも、スターティアラボでこれだけ効果が出ているので、断っているんですよ。

 

・お問い合わせ数や受注数については、いかがですか?

白倉様:お問い合わせ数は、リニューアル前が1件/月ほどだったのに比べ、リニューアル後1年目で10倍(11件/月)に、現在は15件/月と15倍に増えました。
お問い合わせをもらったら、すぐに会社案内とレンチキュラ―印刷のサンプル10点ほどを送付するようにしています。顔の見えないオンラインでのやりとりのみでは相手に不安感を与えてしまいがちなので、それを取り除くためというのと、レンチキュラ―はWeb上では伝えにくく、実物を見せないとクオリティも伝わらないためです。こうしてオンラインからのお問い合わせとオフラインでの対応を連携させることで受注が取れているのだと分析しています。

なかには、競合他社が偵察でお問い合わせしている場合もあると思います。それが、サンプルでクオリティの高さが伝わるようで、自社でレンチキュラ―印刷をしている会社からも、特別な案件はマル・ビで印刷してほしいと依頼が来ることもあるんですよ。

 

河野様:Webサイトからの受注数については、リニューアル前が年間で4~5件だったところから、2014年は25件(金額で約480万円)に、2015年は51件(金額で約820万円)と10倍になりました。

リニューアル後に入社してきた社員からは、「ホームページが良かった。逆に、入社して騙された!?」なんていう声も聞くぐらいなので、企業イメージアップという意味でも効果は出たのかなと思っています(笑)。

ほかに、それまでは対面営業のみで受注していた格安レンチキュラー印刷による「名刺ハガキパック」を、リニューアルを機にWebサイトから注文できる専用ページを作りました。
このページを設けたことで、 「名刺ハガキパック」というサービスの存在感が増したと思います。テンプレートを選ぶ形式はサイトに専用の注文ページで初めてやってみたのですが、やってみると注文数は少ないですね。それは、テンプレートの数が少ないせいなのか、Webサイト上での見せ方をもっと改善すべきなのか?ここは今後の課題だと考えています。

 

・更新のしやすさについてはいかがでしょうか?

河野様:リニューアル前、現会長が行っていた更新はHTMLでの作業だったので、「更新作業は大変なものだ」と警戒していたのですが、実際にCMSを編集してみると複雑な作業はそうそう出てこないので、無駄な時間をかけることなく新しい情報を追加できています。もちろん、表示が崩れるようなこともありませんね。

TOPページのレイアウトや動き(画面幅に合わせてレイアウトが変わる仕様)は変更できない、などの編集できない領域があることを理解したうえで更新に当たっていますが、一度、グローバルメニューの数を変更する必要が出てきたことがあり、その際はサポートに電話して対応してもらいました。

サポート担当さんからは「レンチキュラ―印刷のコンテンツが増えてしまったので、整理して下層ページを作り、それぞれへ内容を振り分けた方がSEO的にも良い」とアドバイスを受けてました。内容が理論的で納得できたので、アドバイス通りの作業を行いました。ページを複製するなどの作業は、更新作業としては大変な部類でしたが、慣れたCMSの仕様のなかで行える範囲だったので、特に混乱もなく進めることができましたね。


・当社でのWebサイト制作をすすめるとすれば、どんな企業に向いていると思いますか?

白倉様:安く制作してくれる会社もありますが、作ったら作りっぱなしだとか、更新を依頼するたびに高い費用を取られるという話をよく聞きます。
スターティアラボのCMSは高いですが、制作時も、毎回打ち合わせのたびに配布される資料が多く、それだけ本気で制作してくれているのだと感じられましたし、高いなりに腕も良いので、結果を出すことができ、スターティアラボを選んで良かったと思っています。

逆に、しっかり費用対効果を考えて使える会社でないと、ムダに「高い」ということになってしまうでしょう。当社のように、何かひとつでも他社より秀でたものを持っているような企業なら、Webサイトが良い営業マンになってくれると思います。

 

河野様:確かに「作って終わり」で済む程度の内容で事足りてしまう会社には向いていないですよね。
ネットで情報発信するネタを持っている会社には向いているのではないでしょうか? 当社でも、更新が滞ってしまい、うっかり「作って終わり」に陥りそうになるときがあります。

でも、Webサイトにテコ入れする姿勢をもって、ネタを見つけて更新に取り組んでいます。たとえば、社内で何かの動きがあったときは、出せる情報を選び、更新するようにしています。対象ページは、「トピックス」が中心です。 ほかにもテコ入れすべきページはあるのでしょうが、今はまず「トピックス」を更新することがWebサイトを充実させる近道だと考えています。

また、サンプルページも更新頻度が高いです。サポート担当者のアドバイスに従って、ページが増えてきたら整理して別ページを作るなども行っています。 ただ、引き続き安定してWebサイトの効果を出していくには、この方法だけに頼っていては限界が来ると思うので、そのときはまたアドバイスを求めたいですね。

 


6.お客様の声

・Webサイト活用について、今後の展望を教えてください。

白倉様:モバイルからの流入が増えているようなので、スマホ対応が必要とのアドバイスを受けました。今後は、レスポンシブ対応もお願いする予定です。 スターティアラボが納品後も定期的にサポートしてくれる中で、新サービスを含め、さまざまな提案を受けることもあります。その中から、当社で扱うことができ、かつ効果が望めるものがあれば、どんどん取り込んでいきたいですね。

 

河野様:お客様が見たときに「依頼したくなるようなホームページ」を維持していくために、これからも最適なアドバイスを期待しています!

 

ありがとうございました!

  • LINEで送る

資料請求・お問い合わせ

資料をご希望の方・お問い合わせは、以下メールフォームからお寄せください。

資料ダウンロード

資料ダウンロード

Marketing Handbook

更に詳しく知りたい方は資料をダウンロード下さい

資料を見る

セミナー申込み

セミナー申込み

Seminar

役立つ無料セミナーを随時開催しています

セミナーを見る

無料版を体験

無料版を体験

CMS Free Plan

実際に操作画面を確認できるデモ版を発行します

デモ版申込み

お問い合わせ

お問い合わせ

Contact

ツールやWeb制作についてお気軽にご相談ください

お問い合わせ